denshindo
© 2021 DENSHINDO

水光注射よりも痛くない?「プラズマシャワー」のパワーをホームケアで!

美容外科や美容皮膚科で受けるメニューが、自宅でも気軽にできたらいいなと思ったことはないですか?そんなことを毎日のように考えている、美容家やインフルエンサーが今注目しているホームケアが、「プラズマシャワー」を用いた美顔器です。

この記事では、プラズマシャワーの力や、プラズマシャワーを使った美顔器でホームケアを行うメリットなどを紹介しています。美顔器を使って、より美しいあなたを手に入れてください。

プラズマとは?

プラズマとは、温度の上昇に伴い原子や分子から電子が削ぎ取られ、自由に動き回れる状態のことです。固体・液体・気体のどれとも異なる「第四の状態」を指します。

プラズマには汚れを取り除き、肌を清潔にする効果があるため、今まで主に医療分野において手術用機器の滅菌等で使用されていました。

近年このプラズマが美容分野で注目を集めており、美肌ケアを目的として取り扱われるようになりました。温度の上昇を抑えることにより、人の肌にもプラズマが使えるようになりました。

プラズマシャワーとは?

プラズマシャワーとは、プラズマをシャワーのように吹き出す技術のことです。美容外科・美容皮膚科などで、「プラズマシャワー」という施術名でも提供されています。

後で紹介する水光注射と比べて、痛みを感じにくく、赤みやかさつきを感じるダウンタイムもほとんどないと言われています。赤みやかさつきをメイクでカバーする必要がないため、翌日の予定などを気にせず、気軽に受けられる施術として人気を集めています。

美容外科・美容皮膚科では、ヒアルロン酸・ボトックス・白雪注射・幹細胞培養液などの薬剤を、プラズマシャワーを用いて浸透させることが多いです。顔、首、手の甲など、目立つ部位を中心に施術が行われます。

プラズマシャワーの効果

プラズマシャワーを用いると、お肌に嬉しい「4つのサポート」が期待できます。年齢肌のケアにはぴったりなプラズマシャワーの力を、ぜひ知ってください。

角層のすみずみまで浸透

プラズマイオンを肌に当てることによって、肌に刺激を与えます。刺激を受けることで、化粧水などに含まれる美容成分を、角層のすみずみまで素早く浸透させることができます。お使いの化粧品を変えなくても、いつもよりしっかりとケアを行えます。

くすみにアプローチ

肌をやわらげ、古い角質によるくすみにアプローチします。古い角質を落としやすい状態になるため、ここで洗顔などをして汚れをオフすることで、クリアでなめらかな肌へと導きます。

肌荒れを予防

プラズマシャワーを用いると、お肌の汚れが落ちやすい状態に。その後の洗顔で、皮脂や毛穴汚れをスッキリ落とすことができるので、肌荒れの予防へとつながります。

エイジングケア*を応援して美肌に導く

角層に刺激を与えることで、年齢肌にもハリやツヤを与えたり、気になる年齢サインにアプローチしたりします。年齢に負けずに輝き続けたいあなたのエイジングケアを応援します。
*年齢に応じたケアのこと

水光注射とは?

水光注射は、今注目を集めている美容注射です。ヒアルロン酸やボトックス(ボツリヌストキシン)などの人気の高い薬剤を中心に使い、お肌に注射を行います。人気のあるアラガンのボトックスも、お肌に直接注入できます。

レーザー治療に比べると痛くないことがメリットなので、「痛いのが苦手」という人にも人気です。注射で薬剤を注入するために、むくみが気になったり、針を刺した周辺の部位が腫れるのが気になったりする人も見受けられます。

水光注射のメリットとデメリット

水光注射のメリットは、効果をすぐに感じやすいところです。注射で薬剤を入れるために、ダイレクトにお肌へと届き、変化を実感できて「水光注射を選んで正解だった」と感じることが多いです。薬剤を選択できる場合が多く、自分の肌悩みにあった薬剤を注射で入れることができます。麻酔クリームを塗った上で極細の針を使うため、痛みを感じないことが多いです。

「注射である」ことが、デメリットにもなります。針を刺されること自体に苦手意識がある人にはおすすめできません。針を刺すため、3~5日程度は跡ができることもデメリットとなります。稀ですが内出血ができてしまい、1週間以上経っても注射の跡が残っていることもあります。このような場合は「水光注射を選んで失敗だった」と感じる人もいるでしょう。

水光注射とプラズマの違いは?

水光注射は、名前に「注射」と入っていることからわかるように、注射を受けます。注射であるためダイレクトに薬剤がお肌へ届きますが、針跡や内出血が数日間残ってしまうというデメリットがあります。

プラズマは注射ではないため、針跡や内出血の心配はありません。注射とはメカニズムが異なりますが、薬剤を肌へ届けられる点は共通しています。

「プラズマシャワー」の美顔器がデビュー

プラズマシャワーをホームケア向けにアレンジした美顔器「Un」が、ついにデビューしました! 美容の専門家ではない一般の方が家庭で使いやすいように、アレンジを加えています。1分程度でサクッとケアできるので、毎日のケアに取り入れやすいです。

プラズマシャワーを取り入れた「Un」は、こんな方におすすめです。

  • このご時世が気になって、外出をためらっている方
  • 子育てや家事が忙しく、美容外科や美容皮膚科に通えない方
  • プロのケアだけでなく、ホームケアも含めてしっかり見直したい方

美容外科・美容皮膚科やエステサロンなどで、プロの手を借りたケアはもちろん大事です。しかしデメリットとして、「通い続ける」ことが難しくなると、なかなか美を手に入れられないことが挙げられます。コロナ禍になり、さらに「通い続ける」ことへのハードルが高くなったと感じている女性は多いはず。

そんな時に注目したいのは、「ホームケアを充実させる」ことです。美容外科や美容皮膚科で使われている技術をホームケアにも使えたら、ホームケアの時間が充実しそうですよね。

美顔器を使うといつから効果が出る?

美顔器を使うなら、「いつから効果が出始めるのか」というのは気になるポイント。こちらは個人差が非常に大きいです。

肌悩みが全体的に少なく「美顔器まで取り入れる必要がなさそう」と周囲に言われるような人であれば、効果を感じるまでは回数がかかるでしょう。逆にこれまで本格的なケアを怠ってきて、肌悩みがたくさんある人であれば、使用直後に効果を感じることもあります。

美顔器を取り入れるメリット

最後に、美顔器「Un」でのケアを取り入れるべきメリットを、5つご紹介します。

わずか1分でOK

美顔器「Un」でのケアは、わずか1分で完了します。どんなに優れたケアでも、時間がかかるものはなかなか続けられないもの。「Un」はご家庭での続けやすさを考え、1分でケアが終わるように作られています。

美容外科・美容皮膚科で施術を受ける場合は、美容外科に30分?1時間は滞在することがほとんど。さらに往復にかかる時間まで考慮すると、なかなか気軽に施術を受けられないという方も多くいます。そこで、「1分で終わるホームケア」が気になって「Un」を選ばれたお客様が多数いらっしゃいます。

忙しいときは、たった30秒だけでもOKです。「30秒だけ」と思えば、お手入れのハードルがぐんと下がって続けやすくなるはず。お手軽に続けやすいケアとして、ぜひ「Un」を取り入れていただきたいです。

美容外科・美容皮膚科の技術を毎日取り入れられる

美顔器「Un」を使うと、美容外科・美容皮膚科などで使われている技術を毎日取り入れることができます。美容外科・美容皮膚科などで使われている「プラズマシャワー」という技術を、ホームケア用にアレンジしており、毎日のケアで取り入れられます。

美容外科・美容皮膚科に通う場合は、月に1回程度の施術になってしまうことが多いです。「Un」を使ったケアなら、日々の朝晩のスキンケアに取り入れられるので、プラズマシャワーを使ったケアの頻度が格段にアップします。

手のひらサイズでコンパクト

美顔器「Un」は、手のひらサイズでコンパクトなボディが特徴です。初めて美顔器でケアをする人にも使いやすいサイズ感を考えました。

美容外科や美容皮膚科の技術がホームケアで取り入れられるのは魅力的ですが、機械が大きければ使いにくいと感じてしまい、続かない原因になりがち。「Un」はコンパクトなボディなので、初心者でも使いやすく、保管の場所も取らないため家庭用にぴったりです。

専用化粧品が不要

美顔器「Un」は、専用化粧品を使う必要がなく、お手持ちの化粧品を活用できます。

専用化粧品を買い続けるのが面倒で、美顔器の使用をやめてしまうケースも。「Un」は、美顔器の質にこだわって開発したため、お手持ちの化粧品を使ってのケアが可能です。専用化粧品が不要なので、気軽に続けやすいというお声をいただくことも多いです。

一度購入すれば半永久的に使える

最後に美顔器「Un」の大きなメリットとして、一度購入すれば半永久的に使えることが挙げられます。

美容外科や美容皮膚科に数回通う費用で、半永久的にホームケアができると考えれば、非常にお得です!さらに自宅での続けやすさにこだわっているので、費用が高いサロンに行かずにケアをしっかり継続できることを考えれば、値段が安いのもポイントです。

「Un」は、月々2,740円(税込)でご購入いただくことが可能です。
https://denshindo.co.jp/onlinestore/

まとめ

この記事では、話題の技術「プラズマシャワー」の力や、プラズマシャワーをホームケアで取り入れられる「Un」についてご紹介しました。美容外科や美容皮膚科で行われている技術が、日々のホームケアに取り入れられるのは、とっても魅力的ですよね。美顔器「Un」を使って、話題のプラズマシャワーでのケアを、ぜひホームケアでも取り入れてください!